ようこそ、とこマップへ
下記の地図で気になる地域にカーソルを合わせてクリックしてみてください。
その地域の独特のところてんの食べ方が見られます!

ところてんの食べ方を投稿する
TOPに戻る

栃木県


酢醤油+芥子+海苔 です。  栃木
栃木市近辺では、酢、醤油、からしが中心で、お好みで、ふりかけ、のりのトッピング!私としては、ラー油もほしいところ!
そして、箸は必ず1本です
栃木県
私は栃木県出身ですが、主人が宮城出身で、ところてんに砂糖を入れて食べます。最初は酢醤油のみでしか食べたことがないのですが、何度がトライしてみると案外おいしいです。
栃木は来て驚いたのは酢醤油に芥子を混ぜて食べる、実にまずい。
昭和20~30年代、すなわちスーパーマーケットの進出によりところてんおよびその食べ方が全国的に画一化される前の栃木市近辺のところてんの食べ方を紹介します。
調味のベースは酢醤油です。酢醤油は、濃い口醤油に食酢を加えただけのもので決して三杯酢ではありません。それに「からし」を添え、青海苔を振りかけます。これを新潟県の人がこの欄に書いているように割り箸1本で食べます。この一本箸は古老に聞けば確認できるでしょうが、関東?あるいは東京の下町?あたりの一般的な食べ方だったんではないかと思います。
なお全国的にところてんは夏の食べ物ということになっているようですが、私の記憶では春の食べ物です。ただし晩春~初夏だったかもしれません。しかしカキ氷やアイスキャンデーを食べる盛夏にところてんを食べることはなかったと思います。俳句でもところてんは夏の季語ですが、中には晩春にところてんを食べる句もあるようです。他所でところてんを春に食べていた地域はないのだろうか?
三杯酢で食べます。美味しいですよ、
栃木県
酢 醤油 からし あおのり
でなぜか はし一本で食べるのです。
意味はわかりませんが ずっとそうしてきました。

栃木県


酢醤油+芥子+海苔 です。  栃木
栃木市近辺では、酢、醤油、からしが中心で、お好みで、ふりかけ、のりのトッピング!私としては、ラー油もほしいところ!
そして、箸は必ず1本です
栃木県
私は栃木県出身ですが、主人が宮城出身で、ところてんに砂糖を入れて食べます。最初は酢醤油のみでしか食べたことがないのですが、何度がトライしてみると案外おいしいです。
栃木は来て驚いたのは酢醤油に芥子を混ぜて食べる、実にまずい。
昭和20~30年代、すなわちスーパーマーケットの進出によりところてんおよびその食べ方が全国的に画一化される前の栃木市近辺のところてんの食べ方を紹介します。
調味のベースは酢醤油です。酢醤油は、濃い口醤油に食酢を加えただけのもので決して三杯酢ではありません。それに「からし」を添え、青海苔を振りかけます。これを新潟県の人がこの欄に書いているように割り箸1本で食べます。この一本箸は古老に聞けば確認できるでしょうが、関東?あるいは東京の下町?あたりの一般的な食べ方だったんではないかと思います。
なお全国的にところてんは夏の食べ物ということになっているようですが、私の記憶では春の食べ物です。ただし晩春~初夏だったかもしれません。しかしカキ氷やアイスキャンデーを食べる盛夏にところてんを食べることはなかったと思います。俳句でもところてんは夏の季語ですが、中には晩春にところてんを食べる句もあるようです。他所でところてんを春に食べていた地域はないのだろうか?
三杯酢で食べます。美味しいですよ、
栃木県
酢 醤油 からし あおのり
でなぜか はし一本で食べるのです。
意味はわかりませんが ずっとそうしてきました。


ようこそ、とこマップへ!!

下のプルダウンリストで気になる地域に選択してみてください。

その地域の独特のところてんの食べ方が見られます!

地域のところてんの食べ方をみる

ところてんの食べ方を投稿する


栃木県


酢醤油+芥子+海苔 です。  栃木
栃木市近辺では、酢、醤油、からしが中心で、お好みで、ふりかけ、のりのトッピング!私としては、ラー油もほしいところ!
そして、箸は必ず1本です
栃木県
私は栃木県出身ですが、主人が宮城出身で、ところてんに砂糖を入れて食べます。最初は酢醤油のみでしか食べたことがないのですが、何度がトライしてみると案外おいしいです。
栃木は来て驚いたのは酢醤油に芥子を混ぜて食べる、実にまずい。
昭和20~30年代、すなわちスーパーマーケットの進出によりところてんおよびその食べ方が全国的に画一化される前の栃木市近辺のところてんの食べ方を紹介します。
調味のベースは酢醤油です。酢醤油は、濃い口醤油に食酢を加えただけのもので決して三杯酢ではありません。それに「からし」を添え、青海苔を振りかけます。これを新潟県の人がこの欄に書いているように割り箸1本で食べます。この一本箸は古老に聞けば確認できるでしょうが、関東?あるいは東京の下町?あたりの一般的な食べ方だったんではないかと思います。
なお全国的にところてんは夏の食べ物ということになっているようですが、私の記憶では春の食べ物です。ただし晩春~初夏だったかもしれません。しかしカキ氷やアイスキャンデーを食べる盛夏にところてんを食べることはなかったと思います。俳句でもところてんは夏の季語ですが、中には晩春にところてんを食べる句もあるようです。他所でところてんを春に食べていた地域はないのだろうか?
三杯酢で食べます。美味しいですよ、
栃木県
酢 醤油 からし あおのり
でなぜか はし一本で食べるのです。
意味はわかりませんが ずっとそうしてきました。

栃木県


酢醤油+芥子+海苔 です。  栃木
栃木市近辺では、酢、醤油、からしが中心で、お好みで、ふりかけ、のりのトッピング!私としては、ラー油もほしいところ!
そして、箸は必ず1本です
栃木県
私は栃木県出身ですが、主人が宮城出身で、ところてんに砂糖を入れて食べます。最初は酢醤油のみでしか食べたことがないのですが、何度がトライしてみると案外おいしいです。
栃木は来て驚いたのは酢醤油に芥子を混ぜて食べる、実にまずい。
昭和20~30年代、すなわちスーパーマーケットの進出によりところてんおよびその食べ方が全国的に画一化される前の栃木市近辺のところてんの食べ方を紹介します。
調味のベースは酢醤油です。酢醤油は、濃い口醤油に食酢を加えただけのもので決して三杯酢ではありません。それに「からし」を添え、青海苔を振りかけます。これを新潟県の人がこの欄に書いているように割り箸1本で食べます。この一本箸は古老に聞けば確認できるでしょうが、関東?あるいは東京の下町?あたりの一般的な食べ方だったんではないかと思います。
なお全国的にところてんは夏の食べ物ということになっているようですが、私の記憶では春の食べ物です。ただし晩春~初夏だったかもしれません。しかしカキ氷やアイスキャンデーを食べる盛夏にところてんを食べることはなかったと思います。俳句でもところてんは夏の季語ですが、中には晩春にところてんを食べる句もあるようです。他所でところてんを春に食べていた地域はないのだろうか?
三杯酢で食べます。美味しいですよ、
栃木県
酢 醤油 からし あおのり
でなぜか はし一本で食べるのです。
意味はわかりませんが ずっとそうしてきました。

TOPに戻る